dTV(ディーティービー)の特徴

動画サービスを提供している企業は日本以外の企業が多い中、国内企業で動画サービスを提供しているといえば「dTV」です。NTTドコモが運営しており、国内映画と国内ドラマのジャンルを豊富に取り揃えていることが特徴で、事前に端末に動画をダウンロードしておくことでネットにつながなくも再生できる機能があります。スマートフォンの通信量に制限があっても、Wi-Fiを使えば通信量を気にすることなく動画を楽しむことができるようになります。
またdTVにはオリジナル映像作品が多いのも魅力の一つで、さらに他のサービスにくらべて月額料金が安いのみ魅力です。

 

dTV(ディーティービー) の特徴

 

dTV(ディーティービー) 基本情報

 

dTVは動画配信サービスで、NTTドコモが運営しています。月額は500円で12万本の動画を見られるというのは他の動画サービスと比較しても安いです。
dTVの前身はdビデオであり、元々はドコモ携帯ユーザーのための動画サービスでしたが、2015年にdTVになることで誰でも楽しめるようになりました。

 

dTV(ディーティービー) 動画内容

 

動画本数は12万本以上。その中には映画やアニメが含まれており、さらにコンサート映像やカラオケといった様々なコンテンツが含まれています。そのため、楽しみ方はその人次第でしょう。ただし一部だけ有料レンタル作品があります。それでも見放題の動画が圧倒的多数です。

 

dTV(ディーティービー) アカンウト機能

 

アプリを起動して、見たい作品を選択することで、簡単に動画をダウンロードできます。またダウンロードしてしまえばいつでもどこでもネットにつながなくても動画を楽しむことができます。ただしdTVの1つのアカウントでは2つの機種で同時に動画を再生することはできないので、家族が別々の部屋で動画を楽しみたいというのなら、個別にアカウントを作る必要があります。

 

dTV おすすめポイント

 

月額料金が安い

 

動画サービスの月額料金としては1000円前後が相場です。その中でdTVは月額500円を実現しているのは破格の安さだと言えるでしょう。月額500円で見放題の動画を楽しむことができます。ただしレンタル形式の作品を視聴するには別途料金が必要になります。そしてキャリア決済に対応しているので有料動画を見すぎてしまうことには注意が必要です。

 

Bee TVも視聴可能

 

dTVで月額利用料を払っていれば、「Bee TV」も利用可能です。Bee TVはオリジナル動画作品を提供しているのが特徴で、旬なタイトルのドラマを放送されており、民間放送とは一風違った番組を楽しみたい人におすすめです。

 

ダウンロード時は画質選択可能

 

地味に嬉しい機能となるのが動画を予めダウンロードするときに画質品質を選択できることです。それに電波状況に応じて通信量の節約してくれる工夫も施されており、さらに自宅のWi-Fiを利用して動画をダウンロードすれば通信量を圧迫することがなく動画をダウンロードできます。そうしてダウンロードしておけば通信量を気にすることなく、外出先で綺麗な動画を楽しむことができます。

 

契約情報から視聴制限

 

dTVでは、契約した年齢情報を利用して、自動でR指定作品の視聴を制限してくれます。そのためお子さんが個別にdTVのアカウントを取得してもR指定作品を視聴することはありません。ただし親御さんのアカウントではR指定作品の制限を自動で設定されることはないのでお子さんと一緒に楽しむ場合はよく注意してください。